山水を飲む危険性

水は生きるために最も必要なものの一つです。環境にもよりますが、水なしでは数日しか生きることが出来ません。 山でキャンプする場合、必要な量の水を運ぶのは大変なので、安全な水を飲めるようにする方法を知る必要があります。

水を飲む前に、自然の中で見つけた水について知る必要があります。インターネットで見つけた情報を信用する前に、自分自身あらゆる情報を調べることは大切です。この情報もひとつの参考として御利用してください。

水は見た目ではきれいに見えるかもしれませんが、顕微鏡でしか見えないものが含まれている場合があります。 その中で以下の5つの主なことを考える必要があります。

  • 濁度(水の濁り)
  • 寄生虫
  • 細菌
  • ウイルス
  • 化学物質

それぞれについて詳しく見てみましょう

1.

濁度(水のごみと濁り)

濁り(濁度)とは、水の汚れや濁りのことです。泥、砂、微生物により分解された葉やその他の物質によって引き起こされます。 濁りは消化器系を害する可能性があります。 これだけでなく、ウイルス、寄生虫、細菌が濁った水に隠れて、薬剤で水を浄化する効果が低下する可能性があります。


2.

寄生虫

  • 寄生虫は他の生物に生息する生物です。(例)ジアルジア、クリプトスポリジウム 
  • 水中にいる寄生虫の発生源は主に動物と人間の糞便です。
  • 寄生虫は胃腸の病気を引き起こす可能性があります

3.

細菌

  • 細菌は、ウイルスよりは大きいが寄生虫よりは小さい単細胞生物です。
  • 水中にいる細菌の発生源は主に動物と人間の糞便です。
  • 細菌は胃腸の病気を引き起こす可能性があります
  • よく知られている細菌の1つは大腸菌です。

大腸菌


4.

ウイルス

  • ウイルスは非常に小さいため、ナノメートル単位で測定されます。
  • 水中にいるウイルスの発生源は主に動物と人間の糞便です。
  • ウイルスは胃腸の病気を引き起こす可能性があります
  • 水中にいるウイルスのいくつかは、ロタウイルスとノロウイルスです。

ノロウイルス


5.

化学物質

化学物質には、農家やゴルフ場で使用される肥料や農薬、工場や鉱業からの産業廃棄物が含まれます。 幸いなことに、山にいる場合、これらはあまり問題になることはありませんが、死んだ魚を見つけた場合は、その水源の飲用するのは注意して下さい。

これは日本で有名な水質汚染事件へのリンクです。

水俣病

イタイイタイ病

普段山で行うのは、ミルバンクバッグなどの単純なフィルターで煮沸することで問題ありません。


煮沸

すべてのと微生物などを殺す/不活化するために、水は最大約100℃でなければなりません。 これは、海面でローリングボイル(下の写真を参照)をした場合です。

標高が高くなるほど、大気圧の低下により水は低温で沸騰します。 例えば、エベレストの頂上では、70℃前後で沸騰します。

したがって、登山やキャンプの際に水を沸かすときは、次のルールに従うことをお勧めします。

・2000メートル未満=1分間ローリングボイル。(沸騰)
・2000メートル以上=3分間ローリングボイル。(沸騰)

水が濁っている場合は、煮沸する前にまず水をろ過することを忘れないでください。

ローリングボイル

ローリングボイルではない


ミルバンクバッグ

ミルバンクバッグは、主に英国と米国の軍で使用されていた、しっかりと織られたキャンバスフィルターですが、現在はブッシュクラフトでも人気があります。 ミルバンクバッグは簡単に洗うことができ、コンパクトで非常に丈夫なので一生ものです。

ミルバンクバッグは、水中の濁りをろ過して、フィルタリングの準備を整えます。

ミルバンクバッグは、グレイル(GRAYL)、ソーヤー(SAWYER)、またはその他の使用するフィルターのプレフィルターとしても使用できます。 プレフィルターを使用すると、グレイル/ソーヤーが長持ちします。

この水はトップ写真の池から取水したものです。

覚えておくべきことの1つは、すべての水をミルバンクバッグでろ過する必要はないということです。 水が澄んでいる場合は、ろ過する必要はありません。


煮沸できない場合は…

簡単なフィルター(ミルバンクバッグ)とヨウ素または塩素。 ここでの問題は、塩素とヨウ素が全ての細菌などを殺せるわけではなく。 また、二酸化塩素の方が優れていますが、それでも100%ではありません。ヨウ素は妊婦には使用しないでください!

最初にろ過してから薬剤を追加することを忘れないでください。

詳細は、下のページのチャートを見てください。


他の2種類のろ過システムは、マイクロフィルターと浄水器です。

マイクロフィルター、例えばソーヤースクィーズはフィルターです。 寄生虫、細菌、濁度は除外されますが、化学物質やウイルスは除外されません。

写真:gentonajourney (インスタグラム)

最後のものは、グレイルのような浄水器です。

浄水器は、ウイルスや化学物質を除去するという点でフィルターとは異なります。 また、活性炭フィルターも含まれています。 活性炭は、化学物質をろ過し、水の味を改善するのにも役立ちます。

写真:イーダ オルソン

先ほど、ミルバンクバッグについて書きましたが、ミルバンクバッグは、グレイルやその他のフィルターのプレフィルターとしても使用できます。 プレフィルターで濁りを取り除くことでグレイル又はソーヤーを長持ちさせます。 水の濁度を除去しないとフィルターの寿命が短くなります。

フィルターを選択するときに単語に注意しなければなりません。

購入する商品のほとんどは英語なので、翻訳します。

・Filter (フィルター)
・Purifier (浄水器)


フィルターシステムの概要

  • 簡単なフィルター(ミルバンクバッグ)で濁りを取り除きます。
  • マイクロフィルター(ソーヤースクィーズ)は、濁度、寄生虫、細菌を取り除きますが、ウイルスは取り除きません。
  • 浄水器(グレイルなど)がすべてを取り除きます。

こちらが浄水のチャートです。

このチャートをダウンロードしたい場合は、ここをクリックしてください。

まとめ。

山では、ミルバンクのバッグとボイルはベースキャンプに完璧です。 ミルバンクバッグは、一生持ちコンパクトでシンプルなシステムです。

登山の時や時間がない場合は、ソーヤースクィーズまたはソーヤースクィーズと煮沸が適しています。 フィルターを詰まらせる可能性のある水の濁度に注意してください。

大きな川から水を利用するなら、ミルバンクバッグと浄水器は良い選択です。

何か質問などがあればコメント欄でお知らせください。


新しいブログを見逃さないように、登録してください!

コメントを残す